菅義偉前首相 デルタ株との戦い回顧し自画自賛「予想をはるかに越えるスピードで収束した」

2022年05月22日 21時52分

デルタ株が猛威を振るう中、東京五輪を開催した菅前首相(東スポWeb)
デルタ株が猛威を振るう中、東京五輪を開催した菅前首相(東スポWeb)

 自民党の菅義偉前首相が22日、参院選神奈川選挙区に出馬する三原じゅん子参院議員と神奈川県内で街頭演説を行った。

 菅氏の地元である桜木町駅前には多くの聴衆が集まった。菅氏が最初に話したテーマはコロナ。1年前のデルタ株との戦いについて「ワクチン接種こそが切り札であると考えるまでに、悩みに悩みました。しかし、決断してからは、国民のみなさんの1人でも多くに接種してもらうことが命を守ることにつながるという決意で取り組んだ」と苦渋の決断があったと振り返った。

 自身への批判もあったとしながら「ワクチン一本足では、コロナを収束させることはできないと言われた。しかし、私はあえて1日100万回接種という高い目標を立てて取り組んだ。結果はどうだったでしょうか。予想をはるかに越えるスピードで、ワクチン接種を終えることができたんです。もちろんデルタ株も収束しました」と自画自賛した。

【関連記事】

関連タグ: