【貴浩西山のキャビらない話】SGオールスターに向けてゼッコーチョーです!

2021年05月07日 13時50分

ゼッコーチョーです!

 は~い、西山貴浩でございます。みなさん、お元気ですか。

 西山はいつも以上に元気ですよ! 4月18日に津GⅠ69周年記念が終了。その後、27日の若松のゴールデンウイークシリーズの前検まで約10日間、レース出場がありませんでした。こんなに間隔が空くのは久しぶりですね。

 この間を利用して体のケアをしました。2月の福岡で脱臼した右肩のチェックや腰の針治療などなど…。メンテナンスをしっかりとしたので体調は万全。ゼッコーチョーです。それにコロナ禍もあって外に飲みに行けなくなっています。おかげで肝臓の数値が今までになくいいんですよね。今は健康体です(笑い)。

 ただコロナウイルスの感染拡大はなかなか収まりませんね。再び緊急事態宣言が出た地域もあって、また無観客開催になってしまったレース場もあります。昨年の無観客開催の時にも痛感しましたが、スタンドにお客さんがいない中でレースをするのは本当に寂しいです(泣く)。

 東京オリンピックもどうなるんでしょうね。今の状況を冷静に考えると、たくさんの人が集まるビッグイベントの開催は難しいのかなと思ってしまいます。

 でも、その一方でアスリートのことを考えると、何とか開催してほしいなと思いもあります。ほとんどのアスリートの方々は4年に一回のオリンピックを目指してすごい努力を続けてきたし、今回は地元の日本での開催ですからね。オリンピックへの思いというのはボクたちが考える以上に強くて大きいと思います。昨年が延期になって今年も延期、中止ということになってしまった時のアスリートの気持ちを考えると胸が痛みます。

 ボクは昨年、初めて念願のグランプリに出場できました。ボートレーサーにとってグランプリに出ること、グランプリで勝つことが最大の目標です。その最大の目標だった大会に出場が決まっていたはずなのに中止になってしまったら、と考えると…。

 やっぱりスポーツはみんなを元気にする力があります! 何とかオリンピックは開催してほしいですね。

 さて、5月はいよいよ地元・若松でSGオールスターが行われます。皆さまのおかげでファン投票2位! 地元SGのドリーム戦に乗ることができます! 本当にありがとうございます。

 やっぱりドリーム戦に選んでもらえるとうれしいですよ。それはSGに限らず一般戦でも同じです。そのシリーズの主力として認められたということですからね。4日に終了した若松のGWシリーズもドリーム1号艇でした。ようやく篠崎元志さんから、その座を奪い取ってやりましたよ。ただ、優勝は元志さんでしたが…(泣く)。

 ☆にしやま・たかひろ 1987年5月15日生まれ。福岡支部の97期生。2005年11月の若松でデビュー。2008年9月の若松で初優勝。2020年9月の徳山ダイヤモンドカップでGⅠ初優勝。同年12月にはグランプリ初出場で初優出。SG優勝は未経験。通算40V(GⅠ2V)。2020年の獲得賞金額は9437万1120円。座右の銘は「笑う門には福来る」。トーク力、開会セレモニーのパフォーマンスはボートレーサーの中でも随一。「ボート界のエンターテイナー」としてレースはもちろん陸に上がってもファンを楽しませている。

関連タグ: