【津ボート・GIツッキー王座決定戦】地元・松尾拓が開幕レース1号艇 舟足もエース機と大差なし

2021年04月12日 20時10分

初日からの好発進を狙う松尾拓

 13日に開幕するボートレース津のGⅠ「開設69周年記念 ツッキー王座決定戦」。ドリーム戦として組まれている初日12Rの1号艇が井口佳典(43=三重)なのはもはや〝指定席〟といえるが、初日1Rの1号艇は、昨年11月の「68周年記念」に続き松尾拓(32=三重)が指名された。

 ちなみに前回大会は、2Rの1号艇が双子の兄・松尾充(32=三重、今回不参加)。ともに逃げ切りツインズ白星リレーを決め、話題を呼んだ。

 今回、再度の指名は〝地元の顔〟として期待されているからこそ。肝心の舟足は「豊田(健士郎、25=三重)君とも足併せしたけど、向こうが少し分がいい程度。そんなに大差はなかった。乗り心地も悪くなかったし、自分のも普通はあると思う」と、エース機の豊田とそん色ない動きだったようで楽しみはある。

 さらに後半7Rの5号艇も得意とする枠。初日からしっかりポイントを稼ぎ、リズムに乗りたいところだ。

関連タグ: