【尼崎ボート・GIセンプルカップ】丸野一樹が〝公約実行〟のイン逃げ「今年こそグランプリ出場」

2021年01月17日 19時18分

しっかりイン逃げを決めた丸野一樹
しっかりイン逃げを決めた丸野一樹

 ボートレース尼崎のGI「センプルカップ(開設68周年記念)」は17日、12Rで優勝戦が行われ、1号艇の丸野一樹(滋賀=29)がコンマ04の好スタートを決め逃げて、通算3度目のGIタイトルを手にした。

 昨年、グランプリ出場を逃したことが悔しかった。新たな年を迎え、そのグランプリ出場への計画を練り直した。その一つが「GIを予選トップで通過して2回逃げる」ことだ。

 そして今年初のGIで、いきなりそのチャンスが訪れ、しっかり実行した。

 優勝戦のスタートは「展示と同じ(F02)起こしで1回アジャストして様子を見た」。それでも、減速することなくスリットを通過。1Mのターンも「自分の中では失敗」と振り返ったが、差して迫る藤岡俊介(兵庫=37)を振り切って、今年一つ目のGIタイトルを手中に収めた。

 これで前節の児島一般戦に続く2節連続Vと勢いは文句なし。ただ、あくまでも目指すはグランプリ。この勝利も大きな目標のための第一歩に過ぎない。

「今年こそグランプリにしっかり出場したい。今年1年、しっかり戦い抜いていきます」と年末に向け、力強く歩み始めた。

ピックアップ