【平和島SGグランプリ注目選手=毒島誠】9月GⅠが転機 また強くなったことを実感

2020年12月14日 13時23分

◇毒島誠(36)群馬支部92期

賞金ランク2位・1億3160万9000円

4年連続7回目

 一昨年、昨年と2年連続で賞金ランク1位で出場。昨年は初戦、2戦目を連勝と絶好のスタート。優勝戦1号艇も目前だったが、3戦目でまさかの6着大敗。グランプリの栄冠もスルリと逃げた。「とにかくグランプリで優勝したい。それだけですね」と賞金王への思いも募るばかりだ。

 今年は賞金ランク2位で参戦。「1位ではないので、すごく気持ちとしては楽ですよ。あとで気づくと重圧があったのかなとは思う。でも、1位でいけない悔しさもある。それが今の自分の実力なんだろうなとは思います。例年よりも何かが違う感じですね」と心境を明かす。

 今年1年も順風満帆ではなかった。「今まで得意だった夏場がすこぶる悪かった。かなり悪くてプロペラも修整が追いつかなかった」と振り返る。ターニングポイントは9月。「徳山のGⅠで同期の竹田(辰也)と、いろんな話をすることで気づくこともあった。それでリカバリーできましたね。成績が悪い中でもふてくされず前を向いてチャレンジできていた。すごく成長した年だったと思います」と、また強くなったことを実感している。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のために活動する「One Team Racers」に参加するなどボートレース以外のことにも積極的に取り組んでいる。「何かをするということに対して必ず責任感が出てくる。それで本業が悪くなってしまったらファンにも迷惑かける。そういう活動も仕事も両方気持ちを強く持ってできたのかな」と納得の表情を浮かべる。

 心身ともに充実一途。念願のグランプリ制覇へ、機は熟した。

【関連記事】

 

ピックアップ