青木真也 矢地復活に協力…ノムさんばり〝再生工場〟化「皇治さんも未来さんもウエルカム!」

2020年11月27日 06時15分

矢地祐介(右)の〝強化〟に乗り出す青木真也

〝バカサバイバー〟青木真也(37)が格闘技界の「再生工場」になることを宣言した。青木と〝RIZINのお祭り男〟こと矢地祐介(30)が、26日に都内のジムにて合同練習。珍しい顔合わせが実現したのは矢地から「もともとここで(青木が)やってるのは知っていてそれで興味あって」とコンタクトを取ったからで、約2時間スパーリングなどで汗を流した。

 矢地は2016年12月のRIZIN初参戦から5連勝で一躍エース候補に躍り出たが、その後6戦で1勝5敗と結果を出せず。「しっかり自分を信じて練習して結果を出さないとダメな状況というか。まず1勝というところですね」と追い込まれ、青木の門を叩いた格好だ。

 青木は「ここは、はぐれたやつのよりどころ。地の果て…いや、駒沢の果てだから」と受け入れた上で「矢地さんはもう、ここから上がるだけ。人は負けをすぐ忘れるからここから3連勝でもしたら、またすぐ最強だって言われますよ。それくらいライトな気持ちでやってほしい」。矢地も「あんまり落ち込みすぎないことですよね。僕も好きで格闘技をやってるんで」とうなずいた。

 2人は今後も定期的に練習するそうで、青木は「矢地は俺が指導すればもっと格段に強くなりますよ。RIZINのライト級戦線が混乱してるじゃん? 俺が矢地をその中心に戻すよ」と予告。さらに「これから俺は尊敬する野村克也監督にならって再生工場になる。誰でも俺のところにこいよ。皇治さんでも(朝倉)未来さんでも誰でもウエルカムだ!」と叫んだ。人望のなさには定評ある青木だけに今後が心配だが…。