乃木坂46が恒例の成人式 遠藤さくら&賀喜遥香ら8人が心境【全メンバーのコメント】

2022年01月07日 17時30分

(前列左から)阪口珠美、久保史緒里、遠藤さくら、賀喜遥香(後列左から)佐藤璃果、金川紗耶、中村麗乃、北川悠理
(前列左から)阪口珠美、久保史緒里、遠藤さくら、賀喜遥香(後列左から)佐藤璃果、金川紗耶、中村麗乃、北川悠理

 人気アイドルグループ「乃木坂46」の新成人メンバー8人が7日、東京・乃木神社で恒例の成人式を行った。

 来月デビュー10周年を迎える乃木坂46は、過去最多となる8人が新成人を迎えた。艶やかな晴れ着姿で登場し、多くのファンが見守る中、真剣な表情で参拝。その後、報道陣の囲み取材に応じた。

 8人は新成人を迎えた心境をそれぞれ告白。3期生の久保史緒里(20)は「私は中学3年生のときに加入したので、もう20歳になったんだなと実感します。乃木坂46がここで成人式をやって10回目ということで、めでたいときにこんなたくさんの人数で成人式ができてうれしい」と話した。

 過去に2度センターを務め、次世代エースとして期待される4期生の遠藤さくら(20)は「私は早く大人になりたいとずっと思っていたので、ついに20歳を迎えることができてすごくうれしいと思ってます」と笑顔を見せた。

 昨年9月発売「君に叱られた」で初めてセンターを経験した4期生の賀喜遥香(20)は「正直、誕生日を迎えたときに『あなたは今日から20歳です』と言われても何が大人になったのか分からなかったけど、今になって20年生きてきた経験とか染み付いたものが出てきてる気がして。ちゃんと大人になってるんだなと思うことが多い。20代をもっと頑張りたいなと思うし、これからどんな大人になるのか楽しみ」と胸を膨らませた。

 3期生の阪口珠美(20)は「ずっと20歳に憧れていた。乃木坂46の成人式が加入前から憧れだったので、ここに自分が参加できてうれしい」と話せば、4期生の佐藤璃果(20)は「これから大人としても、乃木坂46の一員としても頑張っていきたい」。4期生の金川紗耶(20)は「20歳になって、妹の面倒を見るのは好きなので、お年玉をあげた。お姉ちゃんらしく大人を実感できた」と明かした。

 3期生の中村麗乃(20)は「まだまだ先なんだろうなと過ごしてきたけど、あっという間に20歳に。10代が毎日楽しくて幸せだったので、私は20歳にまだなりたくないなと思ってたけど、実際になったらそんなに変わらなかった。楽しみの幅が広がったのかなと今では思えるようになったので、これからの人生もすごく楽しみです」と目を輝かせた。

 最後に4期生の北川悠理(20)は「今までの人生をのびのびと生きてきてしまったので、大学生になったときも20歳になったときもあまり実感が湧いてなかった。でも、8人の先輩や仲間と成人式を迎えられて、この場に立ってようやく20歳になった実感を持てた。奇跡のような1日」と感慨深げだった。

関連タグ: