乃木坂・山崎怜奈が地元・江戸川区の未来カンファレンス就任「若者目線で言えたら」

2020年10月12日 19時49分

第1回「えどがわ未来カンファレンス」に出席した乃木坂46・山崎怜奈

 アイドルグループ「乃木坂46」の山崎怜奈(23)が12日、東京・江戸川区で行われた第1回「えどがわ未来カンファレンス」に出席した。

「えどがわ未来カンファレンス」とは、誰もが安心して自分らしく暮らせる共生社会の実現に向けて江戸川区長が設置した会議体(2022年3月まで)。

 同委員に就任した山崎は「私は18年間江戸川区で生まれ育った子供の一人として、若者の目線となって何か一助となれるようなことが言えたらいいなと思う。こういったカンファレンスに参加させていただくのは初めて。幅広い業界でご活躍されている皆さんにたくさんご教示していただきつつ、私自身も学ぶ姿勢で取り組ませていただけたら」と意気込んだ。

 また、多文化・多言語の共生社会について山崎は「グループの仕事をしていると国内外の方からお声をいただくことがある。そういったときに言語の壁を越えて音楽や表情、文章などで何か伝わるものがあると感じている。江戸川区は国外からの居住者も多いのでそういったところに、より丁寧に向き合っていくことでお互いの理解が深まるのかなと思う」と話した。