ルックス完全崩壊! 女優・海老野心 松本人志が制止した「変顔」のルーツ

2022年01月11日 11時30分

ルックス抜群の海老野心だが…(東スポWeb)
ルックス抜群の海老野心だが…(東スポWeb)

 ダウンタウンの松本人志(58)を陥落させた“リアル福笑い”を公開! 2022年の芸能界でブレークが期待される一人が、短大1年生にしてタレント・女優の海老野心(えびの・こころ=19)だ。芸歴は3年足らずながら、「命かけてます!」と豪語する得意の変顔をフジテレビ系「ワイドナショー」で披露し、松本らを大笑いさせた。今年注目の(ヘン)顔を直撃した。

 海老野は20年9月放送のフジ系「ワイドナショー」に初出演し、得意の変顔を披露した。キリッとしつつも、あどけなさが残る愛らしいルックスは完全崩壊。原形をとどめない変顔が炸裂し、松本やMCの東野幸治らを笑わせた。

 反響も大きかった。

「あの後からオーディションに行くたびに『変顔してください』と言われます」。恥ずかしさは「全然ない」とキッパリ。「『変顔得意です』と言って、そこまでじゃないタレントさんも多い。それじゃダメだよ、振り切れ、振り切れと思ってました(苦笑)」

 変顔に目覚めたきっかけは高1の時だった。

「友達で変顔する子が多くて。“かわいい変顔したらおごり”みたいなことをやってたんです。絶対におごりたくなかったので、変顔がスキルアップしました。16歳から変顔に命かけてます」

 こだわりも強い。

「最近は“動く変顔”にハマってます。『変顔してください』と言われれば、1つくらいなら誰でもできる。私は相手が“もういいよ”と止めるくらい、それこそ松本人志さんから止めていただいたくらい、ずっと変顔し続けるんです」

 いわば“変顔メドレー”だ。副産物もあった。

「変顔すると、すべてをさらけ出すってわけじゃないですが、緊張がほどけます。だから、オーディションの時も自分から『変顔が得意なのでやらせてください』と言う時もあって」と力説。「変顔って偉大だなあ」としみじみだ。

 女優としては主演作が控える。超過激バイオレンスホラー映画「真・事故物件 本当に怖い住民たち」(2月18日公開)。過去にバラバラ殺人事件が起きた事故物件で心霊系ユーチューバーたちが恐怖に襲われる物語で、海老野は血まみれになる演技に挑戦した。

 ドラマ出演経験はあるが、映画は初出演にして初主演。「このお話をいただいた時はうれしさと不安、いろんな気持ちで眠れませんでした」

 撮影はコロナ禍の昨年7月、千葉で行われた。

「大学に通いながらなので、両立が大変でした。殺された(シーンを撮った)後、学校に行く、みたいな」

 撮影後、すぐに大学に行き、“事件”を疑われたこともあった。

「朝方まで撮影した後、自宅に帰らずそのまま授業を受けました。血のりが落ちず、手と首は血まみれ。友達に『どうしたの!?』と言われ、でも(映画の情報解禁前で)何も言えなくて『ちょっといろいろあって…』と。ヤバい子でした(苦笑)」

 今後の活躍が期待される。バラエティーと女優の二刀流で「マルチに活躍したい。変顔も全力で追求していきたいです」と“顔”を売るつもりだ。

☆えびの・こころ 2002年6月29日生まれ、神奈川県出身。身長159センチ。高校2年生だった19年春、芸能界デビュー。ABEMAの恋愛リアリティーショー「恋する(ハート)週末ホームステイ」などに出演し、中高生に支持される。特技は変顔、ピアノ。ティックトックのフォロワー数は11万人。

関連タグ: