「氷が溶けたアイスコーヒー」18歳以下10万円給付あっさり〝分解〟 須藤元気氏が皮肉

2021年11月09日 16時35分

須藤元気氏(東スポWeb)
須藤元気氏(東スポWeb)

 自民党、公明党は18歳以下を対象に年内をめどに現金5万円、来年春までに5万円相当のクーポンを支給することで大筋合意した。当初、公明党が公約としたのは現金10万円だっただけに、玉虫色すぎる決定に非難ごうごうだ。

 これを受け、格闘家で参院議員の須藤元気氏は「氷が溶けたアイスコーヒーみたいに薄くなりましたね」と皮肉たっぷりのツイート。映画評論家の町山智浩氏も自身のツイッターで「自公、現金5万円の早期給付で一致 選挙で安定多数確保したら、どんどん給付を安くする」と批判した。

 当初の公明党案は18歳以下に現金10万円を給付するというもので、子育て世帯からは大歓迎される一方、子供がいない世帯や単身者からは反対の声が上がっていた。今回の合意で現金給付を減らされたことにより、結果的に子育て世帯をも失望させてしまった。

関連タグ:

ピックアップ