明石家さんま「悪いことした…」 星野源&新垣結衣の待ち合わせに“遭遇”の過去暴露

2021年05月23日 05時15分

明石家さんま

 明石家さんま(65)が22日深夜放送の毎日放送ラジオ「ヤングタウン土曜日」に出演。結婚を発表した星野源&新垣結衣の“待ち合わせ”にかち合った過去を明かした。

 さんまは新垣のゴールインに「俺の嫁候補がまた1人いなくなった」「“ガッキーの使い”になりたかったよな~」と嘆き節。一方で星野には「俺ら、悪いことした」と告白した。

 それは「ナインティナイン」岡村隆史が独身のころ、岡村らと6人で「今田耕司を結婚さす会」を都内の飲食店で開催した時のこと。個室での宴席が2時間ほど経過したときに、店の入り口付近で今田が星野を発見。「あいさつだけ」とさんまらがいる部屋に誘ったという。

「最終的には『いやいや、座り』と、うちの部屋で一緒に1時間ぐらいワーワーしゃべってたんですけど、あの時、新垣結衣ちゃんと待ち合わせしてたと思うねん」とさんま。共演者が疑いの声をあげる中、「隣の部屋が星野源くん1人。1人っておかしいからな。ものすごい有名な店で、芸能人が隠れ家的に使う店らしいから」と理由を語った。

 村上ショージが「(新垣に星野が)さんまが来てるから来るな!て言うたんちゃいます?」と推理すると、さんまは「絶対やと思う」と確信がある様子。

 最後に「今度、星野くんに会ったら聞こうと思って。聞けるやんこれで」と予告した。

関連タグ: