スーパークレイジー君 夜中に市職員に呼び出され辞職勧められる「圧力には負けません!」

2021年02月17日 11時02分

深夜の出来事を明かしたスーパークレイジー君

 1月31日投開票の埼玉・戸田市議選で912票を獲得し、25番目(定数26)で当選したでラッパーのスーパークレイジー君(西本誠=34)が17日、ツイッターを更新。市職員から真夜中の公園に呼び出され“辞職勧告”を受けたと明かした。

 クレイジー君は「夜中に市役所職員に呼び出されて議員就任の前に辞職を遠回しにすすめられたこと」と衝撃事実をさらりと告白。「まだ名前は言いませんが。いろんな圧力には負けません」と宣言した。

 ちなみに、呼び出されたのは市役所内ではなく、公園。しかも時間は真夜中だった。「テレビ朝日でテレビ取材だった為に東京からトンボ帰り。そこで言われたことは、貴方の当選無効を狙った人がいると。負けるだけの証拠が出せないならば、自分から辞職した方が貴方の株があがると言われ」(原文のまま)辞職を勧められたという。

 だが、クレイジー君にとって「当選無効を狙った異議申し立て」が当選後に起きることは、とっくに想定済みだった。知人に「罠だから行くな」と言われたが、男らしく正々堂々と公園に向かった。

 クレイジー君は「その方の名前を書くと悪いので」「その人を疑いなくなかったし」とつづっている。

 クレイジー君のマンションや市役所には連日、着払いで嫌がらせの小包が送られてくる。SNSではなりすましの詐欺アカウントが作成され、家族の名前がさらされる被害にも遭っている。

関連タグ: