百田尚樹氏 津田大介氏から「400万円払え」と訴訟起こされていた

2021年02月10日 15時24分

百田尚樹氏
百田尚樹氏

 V6岡田准一(40)主演で映画化されたベストセラー「永遠の0」などで知られる作家の百田尚樹氏(64)が10日、ツイッターを更新。ジャーナリスト・津田大介氏(47)から訴訟を起こされたと明かした。

 百田氏は「来週2月15日の『百田尚樹チャンネル』で、津田大介氏から『400万円払え』と訴えられた話をします」とPR含みで訴訟の問題を暴露。

 続けて「津田氏は有本香氏、上念司氏にもそれぞれ300万円、更にDHCテレビと出演者たち8人にも合わせて400万円払えと訴えています。例の愛知トリエンナーレ絡みです」と伝えた。百田氏はネット放送局DHCテレビの番組「真相深入り!虎ノ門ニュース」「ニュース女子」などに出演している。

 さらに、百田氏は「訴状を読んでまず驚いたのが、原告(津田大介氏)の華麗なる経歴を記した4ページにもわたる長い紹介でした。こんなの今まで見たことがありません。あとは、『へー、こんなコメントが名誉毀損になるのか』という驚きです。多くの弁護士も首をかしげた内容を皆さんにも見てもらいます」とつづった。

関連タグ:

ピックアップ