有名セクシー女優が被害者だった! 目黒タワマン強盗で600万円被害

2020年10月27日 13時18分

強盗被害に遭った里美ゆりあ

 東京都目黒区のタワーマンションで起きた強盗事件の被害女性が人気セクシー女優の里美ゆりあ(35)だったことが27日、わかった。

 強盗事件が起きたのは26日午前10時半ごろ。現場は東京・中目黒の高級タワーマンションで、里美の部屋に宅配業者を装った2人組の男が訪れ、部屋に通したところ「金を持っているだろう」と押し入られ、現金約600万円が奪われた。

 その後、運転役とみられる男とともに犯人らは車で逃走したが、5時間後に神奈川県内で確保された。

 車内からは現金400万円が見つかったが、残る200万円は不明。里美と少年3人に面識がなかったという。

 タワマンにはコンシェルジュが駐在し、セキュリティーは万全とみられる中での大胆不敵な犯行。里美は2014年6月に東京国税局から2億4500万円の所得隠しを指摘され、1億7000万円の追徴金を課された。

「その後はちゃんと税理士をつけ、コツコツと貯めていたのに…。命があるだけ良かったと思うしかない」とは里美と親交のある芸能プロ関係者。

 犯人はなぜ里美を狙ったのか――。真相究明が急がれる。