中条あやみ ロケ地は地元で自宅から通勤「知り合いに会わないかドキドキ」

2020年10月26日 05時00分

「閻魔堂沙羅の推理奇譚」に主演する中条あやみ(©NHK)

 モデルで女優の中条あやみ(23)がこのほど、主演を務めるNHK〝よるドラ〟「閻魔堂沙羅の推理奇譚」(31日スタート、土曜午後11時30分)の意気込みを語った。

 ミステリー作家・木本哉多(きもと・かなた)氏の人気シリーズのドラマ化。中条演じる閻魔堂の主・沙羅は、死者を天国に送るか、地獄に送るかを決めるあの世の裁判官。「自分の死の真相を突き止めるのが条件です」と生き返りを願う亡者に、誰に、なぜ、どのように殺されたかを推理させるゲームを仕掛ける。

 中条は沙羅を演じることについて「とてもSっ気のある天真爛漫な女の子。私もSっ気があると思うんで、沙羅がキツイ言葉を発したりするのは気持ちよかったです」と笑った。

 大阪市出身の中条。同ドラマはNHK大阪局制作とあって、撮影中は実家から〝通勤〟。「家族に『行ってきま~す』って言ってたのが不思議な感じでした」という。

 クランクインの場所は市内の靱(うつぼ)公園だったといい「小さい時によく遊びに行っていたんです。沙羅のインパクトのある衣装と、どぎついメークでの撮影だったので、いろんな人に見られて恥ずかしかった。地元だから、『あいつ何やってんだ』とか、知り合いに会ったりしないかなとかドキドキしてました」と、地元あるあるを織り交ぜながら撮影を振り返った。