マスク拒否騒動の堀江貴文氏が自身の講演会でマスク着用を要請

2020年10月04日 18時33分

堀江貴文氏

 マスク着用をめぐり、餃子店と騒動になっている実業家の堀江貴文氏(47)が、自身が行う講演会では参加者にマスク着用を要請しているとして、ネット民からツッコミが入っている。

 その講演会とは、今月18日に埼玉・大宮市と神奈川・横浜市で行われる「堀江貴文講演会『将来の夢なんか、いま叶えろ。」。堀江氏が唱える実践型教育をどのような形で実践してきたのかを解説する内容だという。

 その中で堀江氏は60分間講演する予定だが、イベントのただし書きには「飛沫感染予防のため、ご来場時ご観覧時等は、常にマスクの着用をお願いいたします」と要請しているのだ。講演会を行うためにガイドラインに従った可能性があるが、ネット民から「お前が言うな」「マスクしないで入店拒否されて、自分の講演会にはマスクしてこいって」などとツッコミが相次いでいる。

 堀江氏は、先月22日のフェイスブックの投稿で、同氏を含む3人が餃子店に入ろうとしたところ、うち1人がマスクをしていなかったことから、店側が入店を拒否。同氏は「そろそろこのマスク原理主義なんとかならんもんかね」と怒りをあらわにし、騒動に発展していた。イタズラ電話が続いたという餃子店は3日に休業を発表している。