最上もが 自身の恋愛観語る「性別云々とは別に”その人だから”好きになるだけ」

2020年07月27日 18時10分

最上もが

 アイドルグループ「でんぱ組.inc」元メンバーでタレントの最上もが(31)が27日、ツイッターで自身の恋愛観について触れた。

 最上は「LGBTをオープンにするアイドルが増加 ファンに勇気与える」というネットの記事内で名前を挙げられたが、「ぼくは昔から、恋愛対象として女の子も男の子も好きになってたけど、それを疑問に思ったことも、悪いと思ったこともないし、性別云々とは別に”その人だから”好きになるだけ。隠したこともないし(相手に伝えるかは別として)自らカミングアウトという表現を使ったことはないです」と明かした。

 続けて「こんなことを言うとなぜか『女友達気まずくない?』とか訊かれたりしますが、それって男の子でも同じことですよね。男友達も普通にいます。バイセクシャル=誰でも好きになるってわけじゃないですよ。このままの関係がいいと思ったら、伝えませんし、恋愛においては普通のことじゃないですかね」と記し、「そもそも、3次元を好きになること自体滅多にない人生31年目です」と自身を語った。

 最後に「あ、念のため…でんぱ組のメンバーのことを恋愛対象として好きになったことは一度もないので、でんぱファンの皆さんご安心(?)を 人としてはみんな大好きですが、タイプじゃないです 笑」とツイートし、フォロワーからは「でんぱは仲間とか同志って感じだしね」「人としてみんな大好き。。。よかった」と共感する声が上がっていた。