手越祐也が「桂きん枝」襲名も 落語家・桂小文枝が「うちの一門に入れよう」

2020年06月22日 17時11分

手越をスカウトした桂小文枝

ジャニーズ事務所を退所した手越祐也が、なんと落語界からスカウトされた! 22日に放送されたMBSラジオ「こんちわコンちゃんお昼ですょ!」で、落語家・桂小文枝が「うちの一門で引き取りたい」と明言した。
 新型コロナウイルス感染拡大のため、国から外出自粛要請が出されていたにもかかわらず、手越は何度も外出して飲み会に参加していたことが発覚。ジャニーズから5月に無期限活動休止処分を受け、さらに今月19日に退所が発表された。

 同ラジオで小文枝は「手越くんを引き取ろうかと思ってます。ウチの一門に入れようかと」。手越が落語をやるとは聞いたことがないが、小文枝は「なんでよ? 方正おるやんか!」と、過去に「山崎邦正」の名前で芸人として活動し、後に月亭八方に弟子入りして落語家になった月亭方正の名前を挙げた。

 小文枝は手越もいまから落語家になれると考えているようで「誰も手を出せへんのやったらな、オレ出そうかなといま思ってる」と宣言。さらに、もし手越が弟子入りしたら「オレの“きん枝”という名前もやる」とまで話していた。

 小文枝は「桂きん枝」の芸名で長く活躍し、昨年小文枝を襲名。兄弟子に文枝、弟弟子に文珍がいる。