尾木ママがアンジャッシュ渡部の不倫心理分析「清楚でパーフェクトな希ちゃんにしんどくなる」

2020年06月10日 12時34分

尾木直樹氏

 尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(73)が10日、フジテレビ系「とくダネ!」に出演。女性問題で番組出演を自粛した人気お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(47)の心情を分析した。

 渡部は2017年4月に女優の佐々木希(32)と結婚し、翌18年9月に第1子となる男児が誕生。絵に描いたような幸せな家族を築いた。尾木ママは「それがアダになったと思うんですよね」と指摘する。「渡部さんは、もともと(お笑い界で)地位を確立していたと思うんですよね。すごく活躍されていたし僕なんかも好感を持っていた。自分なりに頑張ってきて最後のゴールみたいな感じで希ちゃんをゲットしたわけですよね。やったー!というので周りから祝福されて1年目ぐらいは良かったんですけど…。大体こういうケースを起こされる方は2年目で破綻しています」と解説する。

 尾木ママによれば「逆玉に乗っかっちゃったみたいな、相手の方が知名度も高くて人気度も高くて美人だというのが一番危険な感じがする」という。なぜか?「今まで頑張ってきたのに『○○さんの夫』『○○さんのダンナ』というラベリングをされるようになる。そうして自己肯定感というか、相対的に落ちてくるんですよ」

 ネットでは、尾木ママの言う通り問題を起こした渡部より「佐々木希」がトレンド上位になった。世間的には「人気お笑い芸人の渡部」というより「佐々木希のダンナ」の方が通りがいいのだろう。「佐々木希という妻がいるのに浮気するのか」「佐々木希以上の女がいるのか」と渡部の行動に首をかしげる書き込みが目立った。美人女優を射止めたことが自らの立ち位置を下げることにつながったというのだ。

 新型コロナウイルスによる自粛生活も要因だという。尾木ママは「コロナ禍で自粛しなきゃいけないってのは、ものすごくあるでしょ? そうしたら余計、反抗心というか自分を解放したくなって、ちょっとアブノーマルとか言われてますけど、そういうことに挑戦したくなる」と愚かな行為に走った渡部の心情を分析。さらに「希ちゃんがまた清楚な感じでしょ。パーフェクトな方ですよね。そうすると余計、男性はしんどくなるんですよ」と力を込めた。