前澤友作氏 ひとり親応援基金の当選者に「ひとり親を偽装する人が」

2020年05月18日 15時48分

前澤友作氏

 ZOZOの創業者でスタートトゥディ社長の前澤友作氏(44)が18日、自身のツイッターで「前澤ひとり親応援基金」の当選者に、ひとり親を偽装する応募者がいたことを明かした。

 この企画は新型コロナウイルス感染拡大で苦境に陥った、ひとり親1万人に10万円を配布するというもの。15日に応募を締め切り、16日に抽選を行った。44万7159人の応募があったことを明かしている。

 しかし、この日「当選者の中に、大変残念なことにひとり親を偽装し、証明書類を偽造してまで10万円を受け取ろうとする人がいます 善意の企画なので悪いことはやめましょう」と報告。「偽造書類を送ってしまった人は事務局宛に自己申告してください。今なら怒りませんし、法的措置も取りませんので」と訴えた。

 10万円についてはこの日から入金が始まったと報告している。