河野太郎防衛大臣が航空自衛隊の新編部隊の名称「宇宙作戦隊」と発表

2020年05月08日 13時52分

河野太郎氏

 河野太郎防衛大臣(57)が8日、ツイッターを更新。新部隊の名称を発表した。

 河野大臣は「航空自衛隊に新編する宇宙領域を専門とする部隊の名称を『宇宙作戦隊』とすることにしました。新しい部隊の任務を一番わかりやすく表す名称ということで、いろいろ議論した結果です」とつづった。

 この手の分野は、アニメや特撮など、日本が世界に誇るサブカルチャーの大得意分野。ツイッター民は一斉に「河野大臣、カッコいいです 名称も大臣もです」など、昭和テイストあふれた名称を大絶賛した。

「銀英伝かな?」「宇宙戦艦ヤマトの建造をお願いします」「ついにガンダムが配備されるんですね。胸熱です」「ウルトラ・マン太郎!」と盛り上がり、入隊希望者が続出した。

 先月17日に成立した改正防衛省設置法によるもので、航空自衛隊府中基地に20人規模で編成。将来的に100人規模に増やし、電波妨害、不審衛星、宇宙ゴミなど宇宙空間の監視を行う。2022年度からの活動を目指す。

 中国は昨年、30機以上のロケットを打ち上げるなど、猛烈な勢いで宇宙進出を続けており、宇宙空間における覇権争いが激化している。