長州力がTwitterの公式マークを再度拒否

2020年04月23日 12時44分

長州力

 元プロレスラーの長州力(68)が23日、ツイッターを更新。前日に続き公式マークを外すように再度訴えた。

 昨日も報じたように、長州は22日に「俺のTwitterの名前の横に、何か?失格マークのような青いものが付いてますが? なんなの? 家内も! 消せないので消してくれる? 頼みますよ!!」と投稿している。

 このブルーのバッジは、著名人のアカウントがなりすましではなく本物であることを示す公式マーク。「消しちゃだめです」と指摘する多くのツイートが届いたが、そこはハッシュドタグ「井長州力」でツイッターに新風を巻き起こした“革命戦士”。どうしても気が収まらないようだ。

 この日は「あれは公式のマークだそうですね、、、つけてもらって本当に有り難いと思ったんですが、、、これ外してもらえないですかね? わがままを言って本当に申し訳ありません、自分はあまりこういうものに縛られたく無いんです、とても気になります!」とツイート。こだわりを見せた。

 後輩の谷津嘉章(63)は「人間どこでもシガラミは出来ます 気にし無いで、GOでお願いします」と提案。マルチタレントのいとうせいこう(59)は「長州さんが公式マークを外してもらいたいのすごくわかるなあ。俺もそれがなんかいやで断ってるから」と同調した。

 22日にはエアバンド「ゴールデンボンバー」の鬼龍院翔(35)が、公式マークをもらえたことに大はしゃぎしていたが、世代の違いなのだろうか?

「みんなめちゃくちゃ欲しがるのに、、!」「公式のマークだとわかってもなお、外したいという人初めて見たw さては、偽物だな!」など、長州の主張を不思議がるツイートが多数寄せられた。中には「偽物防止です!!!」と長州小力(48)の写真を添付したツイートもあった。