堀江貴文氏がスーパーゼネコン社員がコロナで死亡に衝撃

2020年04月14日 18時39分

堀江貴文氏

 実業家の堀江貴文氏(47)が14日、自身のツイッターで、大手ゼネコン・清水建設の社員が新型コロナウイルスによる肺炎で死亡したことに触れて「この影響はおおきい、、、」とコメントした。

 死亡したのは作業所に勤務する社員で、清水建設は感染拡大防止のため、5月6日まで7都府県での工事を原則中止とすることを発表した。清水建設は言わずと知れた日本を代表する大手ゼネコン。問題は清水建設だけにとどまらず、この動きが他のゼネコンに波及する可能性もある。

 インフラ関係や下請け、孫請け、職人の生活にも影響を及ぼすかもしれないだけに、ホリエモンの衝撃の大きさも納得できる。