江頭2:50の悲願「草なぎと共演」実現へユースケ動くか?

2020年03月28日 18時45分

江頭2:50

 因縁対決の行方は? 現在ユーチューブで大ブレーク中のお笑い芸人・江頭2:50(54)の“公約”の行方に注目が集まっている。

 江頭はかねて一方的に元SMAP・草なぎ剛(45)とのユーチューブでの共演を熱望しているが「俺、結構忙しくて、スケジュール開いてないんですよ。別にユーチューブでなくてもいいんじゃない?」とスカされてしまったからだ。

 こうなると、江頭はスカレートするばかりだ。草なぎに直接電話する動画を23日に公開したが、結果は電話に出てもらえず“撃沈”。留守番電話サービスに接続され「草なぎ、ユーチューブのチャンネル見たけど、お前、頑張れよ! 今収録しているけど、お前の登場待ってるからな! コラボしようぜ! そんなに痛い目に遭わせないから」と呼びかけるしかなかった。電話を終えると「電話して良かったのかな…」と一転して弱気な顔ものぞかせた。

 ネタの面白さとインパクトの強さから、かねてユーチューブ界の“最終兵器”と目されてきたが、実際に登録後、わずか9日間で100万人を突破と人気の高さを示した。それだけに過去にはテレビの人気バラエティー番組「『ぷっ』すま」(テレビ朝日系)の絡みで人気だった2人の共演は両者のファンにとっても、今度はどんなパフォーマンスを見せてくれるのかと興味深々(芸能関係者)。

 だが、今のところ、草なぎは江頭とのコラボに興味がない様子。それを取り持つ“第3の男”として、期待されているのが同番組で2人と共演したユースケ・サンタマリア(49)だという。

「ユースケさんがエガちゃんとタッグを組めば、可能性はまた上がる。ユースケさんもエガちゃんのことが気になっているそうで、全部、配信を見ているそうですからね」(テレビ局ディレクター)

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、各地で外出自粛要請が出されるなど、これまで以上に自宅で楽しめるコンテンツに注目が集まっている。そんな今だからこそ“夢の共演”の実現が待たれるところだ。