「スカーレット」クランクアップセレモニーなし 戸田恵梨香はNHK通じてコメント発表

2020年02月29日 20時45分

クランクアップを迎えた戸田

 NHK連続テレビ小説「スカーレット」が29日、大阪市のNHK大阪放送局でクランクアップを迎えた。例年はクランクアップ・セレモニーを開催し、ヒロインをねぎらっているが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を考慮し、報道陣の取材も行わない異例の対応となった。

 約11か月に及んだ撮影を終え、ヒロイン・川原喜美子役の女優・戸田恵梨香(31)は、同局を通じて以下のコメントを寄せた。

 やり切りました。役を生きられたなと感じる作品が今までいくつかありましたが、喜美子という女性を生きることに全く違和感がなく、無理がなくて、自然と家族と一緒に年を取ることができました。

「スカーレット」は日常の小さな幸せがとてつもなく幸せなんだというテーマで描いていました。私自身も幸せで、撮影の約1年間が日常となっていました。その日常があしたからなくなると考えると不思議な感覚です。

 いまだに終わったなという感覚がありません。あす、あさってもこの場所にいそうなほどです。自分にとって財産となる時間を過ごすことができました。笑顔で支えてくれたスタッフのみなさんに感謝です。

 作品としては、喜美子に試練が続きます。けれど、本気で自分の人生を生きている一人の女性の姿を通して、多くの人たちに力を渡せる作品になると思うので、力強い喜美子を見守ってもらえたらいいなと思います。

「しあわせのかたち」っていうのは人それぞれ。喜美子が出すその答えを、楽しみに見てもらえたらいいなと思います。