世界的ギタリストMIYAVIを待つ移籍先LDH「レモンサワー」の洗礼

2019年12月19日 17時00分

MIYAVI(右)の加入をAKIRAも歓迎

 EXILEらが所属する大手芸能事務所「LDH JAPAN」に、また新たな大物が加わることになった。

“サムライギタリスト”として国外でも評価の高いMIYAVI(38)だ。これまで7回も世界ツアーを行ったほか、米女優のアンジェリーナ・ジョリー監督の映画「不屈の男 アンブロークン」(2016年日本公開)で俳優としてハリウッドデビュー。今年7月にはロサンゼルスのドジャー・スタジアムで米国歌を演奏した。

 18日の自身の東京公演前に取材に応じたMIYAVIは「来年からLDHさんとタッグを組み、共に世界をロックしていく。僕自身、独立して丸10年。たくさんの方々に支えてもらい世界中をかけめぐってきた。正直ずっと仲間が欲しかった。LDHさんの海外展開の本気度に共鳴した」と目を輝かせた。

 会場にはEXILEのAKIRAも駆けつけ、MIYAVIに花束を贈呈。AKIRAは「LDH所属一同、MIYAVI君と接することでまた成長して、切磋琢磨できたら」とうれしそう。

 新たにLDHファミリーに加わるMIYAVIとは、まだお酒を飲んだことはないそうで「レモンサワーはぜひ勧めたい。下積み時代からずっと飲んでいるもの。だいたい麦焼酎とかクセのないもので割るのがLDH流」と笑わせた。レモンサワーはLDHの“公式ドリンク”として有名だ。

 こんな飲みの誘いにMIYAVIは「普段はあまり飲まないけど、飲む時はとことん飲む。がっぷり四つで前に進んでいきたい」と笑みを浮かべた。

 ある音楽関係者は「LDH所属アーティストの多くがレモンサワーを愛飲している。MIYAVIも嫌いではなさそうなので、すぐに同志として打ち解けるでしょう」。

 今までは1人のMIYAVIだったが、これからは仲間とともに世界に打って出る。

【関連記事】