星野源 長谷川博己に絵を褒められ「バカにしてるでしょ」

2019年10月11日 14時58分

左から星野源、新田真剣佑、長谷川博己、浜辺美波

 俳優の星野源(38)と長谷川博己(42)らが11日、都内で行われた「NTTドコモ2019―2020冬春 新サービス・新商品発表会」に登場した。

 イベントでは、NTTドコモのスマホ決済サービス「d払い」で、タクシーの配車予約や事前決済をすることができるミニアプリ(11月28日開始)や、迷惑電話や迷惑メールへの注意喚起をする、あんしん機能が搭載された電話端末シリーズ「らくらくホン」(18日発売)の新機種などが発表された。

 星野らは同社のCMに出演しており、同CMは放送開始から1年がたつ。

 星野は「放送された当初から知り合い、友達からすごい反響があった。(共演者の)みんなとの撮影も1年間ずっと一緒なので仲良くなっている感じがして、とても楽しい」と話した。

 長谷川が「星野さんは歌もすごいけど、絵もすごい」と星野の意外な一面を打ち明けると星野は「ちょっとバカにしてるでしょ」とツッコミを入れた。

 星野は「ドラえもん」や日本テレビ天気予報のマスコットキャラクター「そらジロー」を描いて自身のインスタグラムに投稿しているのだが、本物と似ても似つかないことから、ネットで“独特すぎる”と話題になった。

 長谷川は「なかなか描けない。個性的で素晴らしい」と評価すると、星野は「ありがとうございます。褒め言葉として受け取ります」と苦笑いした。