進次郎氏とデキ婚 滝クリ壮大野望・総理夫人の座だけじゃない?

2019年08月09日 11時00分

進次郎氏(中央右)と滝クリ(同左)が横須賀で開いた会見には地元住民も詰めかけた

 自民党の小泉進次郎衆院議員(38)が7日、フリーアナウンサーの滝川クリステル(41)との結婚を電撃発表した。8日に入籍する。滝クリは妊娠しており、年明けに出産が見込まれるおめでた婚となった。“自民党のプリンス”進次郎氏は周囲からも国民からも“未来の総理”と見られており、滝クリが将来“ファーストレディー”となることも確実か。それどころか、取材を進めると、滝クリのさらなる壮大な野望も見えてきた――。

 進次郎氏はこの日、滝クリとともに首相官邸を訪問し、菅義偉官房長官、安倍晋三首相に結婚することを報告。その後、官邸内で報道陣のぶら下がりでツーショットを披露し、前代未聞の“官邸発表”となった。

 実は2週間前からある情報が広がっていた。

 ある政治記者は「進次郎氏が結婚を発表するらしいという未確認情報が永田町でささやかれていたんです。今思えば、その時期は進次郎氏が言ったように、横須賀の小泉家を2人で訪ね、結婚することを報告した時期。その動きを知った関係者からもたらされた情報だった。ただ、相手が滝川とは誰も知らなかったのは事実」と語る。

 さらに数日前に永田町ではこんなウワサが駆け巡っていた。

「進次郎がついに結婚するらしい。相手は“大物”女子アナで、お盆前に報告する」

 カトパン(加藤綾子アナ)か? NHKの桑子真帆アナか、はたまた井上あさひアナか?…と情報が錯綜。フタを開けてみれば進次郎氏より3歳年上の滝クリだった。2人揃って訪問するとの連絡を受けた菅官房長官も「関係がぴったりこなかった」と驚くばかりだ。

 進次郎氏によれば、滝クリとは昨年から交際し、2人で一緒に外出したのは、7月の参院選後に進次郎氏の実家にあいさつに訪れた1度だけの“超隠密交際”だった。 

 過去にウワサレベルではなく具体的に進次郎氏が女性スキャンダルを報じられたのは2015年、復興庁の女性元職員のみ。報道だけが原因ではないだろうが、その後は音沙汰なかった。

 永田町関係者は「ほかに地元で『年上女性と付き合っている』とか『ハーフ美女と会っていた』とか情報は出回りましたが撮られていない。“年上でハーフ”という点ではクリステルさんはピッタリですね」と話した。

 進次郎氏を射止めた滝クリは、これまで元サッカー選手や俳優の小澤征悦らとの交際が報じられたように、恋多き女で知られる。

 だが、進次郎氏との結婚では“未来のファーストレディー”の座だけではない別の大きな野望も見えてくる。

 2人は昨年から結婚を意識して交際を始めたというが、もともと滝クリが2010年、「Mr.サンデー」(フジテレビ系)にレギュラー出演していた時に進次郎氏を取材し、親交はあったようだ。

 滝クリはこれまで何度も政界進出をウワサされ、自民党がオファーを出し続けていた。

「滝川さんは自民党の党大会にも取材で訪れて、進次郎氏とは当選直後(09年)から知り合っていたのではないか。選挙があるたびに滝川さんは目玉候補者としてリストアップされていたが、まだ実現していない」(党関係者)

 滝クリは13年に20年東京五輪招致のアンバサダーを務めた。安倍首相とともに最終プレゼンテーションで披露した「お・も・て・な・し」が話題になったように政治に興味を示さないようでいて、政権や自民党に近いポジションにいた。

「動物愛護や環境問題に熱心に取り組んでいて、政治に関心がないはずがない。ましてや結婚相手は政治家でも将来、首相が確実視される逸材の進次郎氏で、ファーストレディーも意識しているでしょう。それどころか、アメリカのクリントン夫妻は成し遂げられていませんが、2人で手を取り合い、進次郎氏が首相になった後に滝川が…なんて日が来るかもしれません」(永田町関係者)

 滝クリはインスタグラムで「これからも仕事を続けながら、滝川クリステル、小泉進次郎という個人を同志のような気持ちで高め合えるような夫婦関係を築いていきたい」と記している。

“小泉クリステル”となる滝クリが日本初の女性首相になる!?