竹田恒泰氏が皮肉たっぷり“韓国とは「縁切り」が望ましい”

2019年06月13日 11時45分

竹田氏

 明治天皇のやしゃごで作家の竹田恒泰氏が13日、インターネット番組「真相深入り!虎ノ門ニュース」に出演した。

 竹田氏は日韓関係に言及。「最近、韓国に関するネットニュースがものすごい熱い。頻度が全然違ってきている。中には擁護する論もある。韓国を擁護している論は、もうコメントが批判の嵐になっている。嫌韓というか、かつてのような韓国嫌いじゃなくて、もう無視しようぜというか、関わり断ちたいよねみたいな、もううっとうしいっていう、そういうモードに入ってきている」と韓国に対する世論の変化について指摘した。

 冷え切った関係になってしまった一番の要因とされるのが、文在寅大統領の反日政策だ。

 元徴用工問題、レーダー照射問題などへの一連の対応で批判を浴び、北朝鮮との融和政策を推進したことで、トランプ大統領の怒りも買った。

 日本との関係修復が難航する中、竹田氏は真逆の主張を展開。

「本当にいい感じなんですよ、今の文政権が。このまま冷却していって、縁切りですよね。ここで日本と関係を仲良くしようと言って『文大統領ふざけんな!』みたいなことになって、早く退陣されると残念なので、ぜひ(任期を)全うしていただいて、ちゃんと後任者を次の大統領に据えていただいて、つまんない親日政権ができないでほしいんですよ」と強調。

 文大統領に対し「応援してますよ。つまらない誹謗中傷でひよってほしくない。親日とかなってほしくない。文大統領は聞く耳持たず、いい感じです」と皮肉たっぷりのエールを送った。