暴行逮捕!AAA浦田直也「覚えてない」連発!大失敗会見の代償

2019年04月22日 16時30分

報道陣の質問に浦田は「記憶にない」を繰り返した

 都内のコンビニエンスストアで女性に暴力をふるったとして、暴行容疑で逮捕された男女6人組グループ「AAA(トリプル・エー)」のリーダー・浦田直也(36)が21日、釈放された。その後、都内の所属事務所で会見を行い、謝罪した上で当面の活動自粛を表明した。ただ、会見で「酔っていて覚えていない」などと繰り返したことで、SNSなどでは批判が巻き起こる事態に。自粛から復帰までの道のりは果てしなく険しくなってしまった。

 NHK紅白歌合戦に7回出場した人気グループのリーダーという重責にある立場にもかかわらず、何とも情けない事件を起こしてしまった。逮捕容疑は19日午前5時ごろ、女性の頬を1回平手打ちした疑い。泥酔した浦田が東京都中央区のコンビニで20代女性に声を掛けて“ナンパ”したが、断られた後「オレはAAAだ。知らないのか」と問い詰めて暴行に至ったという。その後、近くのマンションに逃げた女性を追いかけ、エレベーター内で蹴りつけたという情報もある。浦田は20日に逮捕され、翌21日午前に送検、午後に釈放となった。

 髪を黒く染めて会見場に現れた浦田は深々と頭を下げ、「このたびは私のあってはならない行動により、被害者の方に大変ご迷惑をお掛けしたことを心よりおわびいたします。大変申し訳ございませんでした」と被害女性やファン、AAAのメンバー、関係者らに謝罪した。また「すべての活動を自粛し、皆さまに謝罪の気持ちを重ねていきたいなと思っています。それが今取るべき行動だと思っています」とした。

 27日からはソロでファンクラブイベント、またAAAは6月から8月までファンミーティングツアーを行うが、浦田は出演しない意思を表明した。ただ、まだ協議中であり、所属事務所は浦田の処遇、処分について近日中に発表する予定だ。

「引退を考えたか?」という質問には「今の気持ちが活動を自粛したいという気持ちなので、まだそこまでは。会社とも話せていないので、これからどういう形で皆さまにしっかり謝罪を伝えていけるか考えていきたい」。

 浦田は謝罪の言葉を重ねたものの、会見で目立ったのは「酔っ払っていたため、まったく覚えていない」を繰り返したことだろう。芸能プロ関係者は「本人は覚えていないから、その通りに答えたのだろうが、さすがにあまりの自覚のなさにファンのSNSは大荒れ。被害女性がAAAのファン層である20代女性ということも厳しい材料だ。当初は短期間で活動再開との見通しだったが、浦田の活動自粛期間は長引く可能性が高くなった。それこそ戻ってこられるかも分からない」と指摘する。

 もちろんAAAにとっても大きなダメージとなった。すでに展覧会「AAA DOME TOUR 2018 COLOR A LIFE PHOTO MUSEUM in TOKYO」が開幕日の20日に中止が決まったほか、他のメンバーがイベントへの出演を取りやめるといった“被害”が出ている。

「2005年にデビューしてから、その潜在能力を高く評価され、紅白歌合戦にも7年連続で出場した実績がある。3~4年ほど前から人気はいよいよ“本物”になり、ドームツアーを開催できるほどのグループに成長した。メンバーそれぞれがソロでも精力的に活動し、それがグループ人気につながる好循環だったのだが…」(音楽関係者)

 浦田を知る関係者は「兄貴肌で気持ちが良い人。そこまで酒癖が悪いという感じもなく、飲み会の席で毎回のように泥酔することはなかった」と証言するが、「たまに酒にのまれることもあったようだ」とも。

「謝っても謝り切れない。申し訳ない気持ちでいっぱいです。被害者の方への申し訳ない気持ちでいっぱいで、メンバーに対しても申し訳ない気持ちでいっぱいで、ファンの皆さま、スタッフへの申し訳ない気持ちでいっぱいで、自分は情けない気持ちでいっぱいです」と“いっぱい”を5回も使ってうなだれる浦田は、「もう正直、(お酒は)一切飲まないです。飲むつもりもないし、飲みたいとも思わないです」と断酒宣言したが、しでかしてしまった代償はあまりにも大きい。