モー娘・牧野真莉愛の細かすぎるモノマネ ついに“メジャー進出”も他メンバーは「?」

2019年06月20日 17時00分

「まりパカ」に扮した牧野

 ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の牧野真莉愛(18)が19日、DeNA―日本ハム戦(横浜スタジアム)で始球式に登場した。

 牧野は「モー娘メンバー一の野球好き」で知られ、セパ交流戦キャンペーンでは公式キャラクター「セカパカくん」ならぬ「まりパカ」に扮して、盛り上げている。

 始球式は4回目で、さすがに慣れているのかと思いきや、少し投球がそれてしまった。牧野は「イメージトレーニングはしてきたんです。でも横浜スタジアムは初めてなので、景色が違いました。緊張して力が入って、球がそれちゃいました」と苦笑いした。

 野球マニアの牧野は、最近「変化球の握り方」を研究しているそうで「ナックルや、ナックルカーブも練習しています! ダルビッシュ有選手の本も買って勉強しています!」。

 牧野といえば“細かすぎる野球モノマネ”が有名だ。元日本ハムの左腕・武田勝の投球フォームをマネしたところ、球界関係者から「腰の入りが武田勝そのもの」と絶賛されたこともある。そんな牧野が最近、熱心に取り組んでいるモノマネは「ヤンキースのアーロン・ジャッジ選手とグレゴリウス選手のハイタッチするところです!」。とうとう日本球界を飛び越え、メジャーにも視線を向けているというから脱帽ものだ。

「ほかのモー娘メンバーは誰一人として、牧野が何をやっているのか、分かっていません」(事務所関係者)と周囲の理解はなかなか得られないが、それでも「ジャッジ選手のSNSを見て、勉強しています!」とそんなことはお構いなしに我が道を突き進んでいる牧野だ。

 そんな野球愛が認められ、いまではメジャーリーグ専門誌「SLUGGER(スラッガー)」で連載を持ち、牧野のベースボールカードも作られるほど。次にモノマネのターゲットとなる選手は誰だ?