仲本工事&三代純歌 熊本復興チャリティーでアツアツぶり披露

2017年01月11日 16時14分

アツアツぶりを披露した仲本工事(左)と三代純歌

 ザ・ドリフターズの仲本工事(75)、歌手の三代純歌(年齢非公表)夫妻が11日、都内で行われた熊本復興チャリティーコンサート「初春 愛と夢のうた祭り」に出演した。

 

 仲本はデュエット曲「この街で」でハーモニカを披露。ふた回り以上年下の三代を「最愛の妻、純歌です。どう、いい歌でしょ?」と紹介し、アツアツなところを見せつけた。

 

 司会の大石吾朗(70)も「やけてくる」と仲のよさに思わず嫉妬。三代が「普段からラブラブ」と笑顔を見せれば、仲本も「いい顔といい声ですみません」とジョークを飛ばし、場内を沸かせた。