西内まりや芸能活動のピンチ…「城田と別れた」ウソつかれ事務所が激怒

2015年06月05日 10時00分

ブレーク中の西内まりやだが…

 中高生から絶大な支持を受け、歌手として、モデルとしても大ブレーク中の西内まりや(21)が、あろうことか芸能活動のピンチに立たされている。7月からは主演ドラマがスタートするなど、いま乗りに乗っている西内に、一体何が起きているのか。

 昨年、シングル「LOVE EVOLUTION」で歌手デビューすると、日本レコード大賞で最優秀新人賞を受賞。それ以前から活動してきたモデル、女優業も含めてマルチに大活躍している西内。今年4月、かつてドラマで共演した俳優・城田優(29)との交際が写真誌で報じられ大きな話題となった。

 先月、放送された「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)では、揃って生出演して騒がれたが、これまで互いにイベントに出演しても相変わらず口を閉ざしている。

 ある芸能プロ関係者は「西内は笑顔で質問をかわしてばかりで、順調なのかとうかがわせますが、内心は穏やかでないはずです」。この交際が始まったのは実は昨夏とも言われる。「当時、事務所は大事な時期だからと、城田との交際にくぎを刺していたんです。西内も泣きながら城田と“別れた”と事務所に報告していたんですが、あの写真誌の報道でしょ。だからいまだに交際を認めていないし、西内に激怒しているそうです」

 すでに交際期間は1年を超えるというが、事務所にウソをつくのは業界ではご法度だ。それでも若い世代に絶大な人気があるため、事務所も目をつぶっている部分はあるようだが「状況が変われば、ウソをつかれていたわけですから、事務所だっていつまでも“推し”てはいかない」(同関係者)。

 実はその“状況”が変わりそうな節目に差し掛かっているという。それが7月にスタートする火曜午後10時枠のTBS系ドラマ「ホテルコンシェルジュ」だ。西内は主役として出演するが、実はこのドラマ自体が大きな役割を背負わされていた。

「TBS内での話なんですが、今回の『ホテル――』の視聴率が全話平均で10%を超えない場合は、その枠からのドラマ撤退を検討しているんです。それだけに西内さんにとって責任重大でもあるけど、昨今は平均視聴率10%というのはかなりハードルが高い。仮に1桁で終われば、“ドラマ枠を終わらせた女優”のレッテルが貼られてしまう」(テレビ局関係者)

 西内1人に責任があるわけではないが、それでも“人気はあっても数字が取れない女優”などという不名誉な看板がついては、事務所としても、もはや目をつぶってはいられなくなる。西内の芸能活動そのものに影響が出るのは避けられないところだ。

 7月ドラマは、西内にとって正念場となることは間違いない。