【霊能者・山口彩氏】大地震は起きませんが水難は続きます

2018年08月25日 11時00分

霊能力者の山口彩

 今年も早いもので9月に差しかかろうとしている。年初から世間を騒がす出来事が勃発しっぱなしだが、本紙読者には残りの4か月を少しでも充実させてほしいもの。そこで、霊能者の山口彩氏(58)に、予言とハッピーになれるヒントを聞いてみた。

 地球全体の気の流れが悪くなっているのは、相変わらずですね。環境の悪化で、地球の引力、磁場がおかしくなってきている。昨今の異常気象はそれが原因ですよ。日本列島の酷暑はその最たるもの。

 昔、東京で気温40度なんて考えられなかったじゃないですか。日本の四季がだんだん失われ、夏と冬だけになりつつある。自然から外れることばかりやってきているツケです。それでも人間は懲りずに環境を破壊していくことでしょう。昨年末、私が「季節のサイクルが崩れるようなことがある」と予言した通りに進みつつあるわけです。

 気の流れが悪くなっているもう一つの原因は、地球の人口が増えすぎていること。人が集中すると、マイナスの気が乱れ飛んでしまう。もちろん、プラスの気もあるんですが、人はどうしてもマイナスの気に引っ張られてしまう。とりわけ、生き霊の念は強く他者に影響を及ぼすので、誰かを恨んだりしていたりすると、それに共鳴した別の人間がとっさに人を殺してしまったり…ということが起こり得るのです。

 では残り4か月をどう過ごすか。まず、日本について言うと大地震は起きません。ですが、水難は続きます。これは強調しても、し過ぎることはないでしょうね。台風はまだまだ来るし、冬場でも発生することがあり得る。上陸はしなくても油断は禁物。上空の大気が異常な動き方をしているので、海、川に安易に近づくと大きな波や風に体をさらわれてしまうでしょう。とにかく、海岸線から離れるだけでも難を逃れられることを、頭に入れておいてください。

 一つだけいいことを伝えられるとしたら、10月ですね。賭け事がお好きな方は注目しておくといいですよ。

☆やまぐち・あや=1960年2月1日、神奈川県生まれ。霊能者。3歳のころから心霊現象を頻繁に体験し始める。91年に相談所(後の心霊研究所「正霊会」)を設立。これまでに受けた相談件数は5万件以上。並外れた霊能力と舌鋒鋭いアドバイスで、政財界、芸能界など幅広い顧客から支持されている。