タレントのアンミカが10日、関西テレビ「LIVEコネクト!」に出演。活動休止を発表した「ダウンタウン」松本人志の一連の騒動における問題点を指摘した。

 番組では「週刊文春」最新号で報じられた疑惑および、松本が出演する番組が代役に代わって進められている現状について紹介した。

 アンミカは「私ちょっと問題だなと思ってるのが、すごく〝松本さんvs週刊誌〟ということをずっとみんながしゃべってるじゃないですか」とし私見を述べた。

 その上で「この問題の根底って、『昔は許された』とか『10年も前の話やのに』と言う方がとても多いんです。だけどもし家族に被害者がいたら?って想像力働かせたときに、10年ずっと耐えて、いろいろ自分が削られてやっと言葉に出した時に、『10年もたって言うの?』って言われたら、この人が全部否定されたことになる。それってなかなか言ってはいけないこと」と訴えた。

 また「昔は許された」という意見についても、「全然許してない」と強く否定。会社などの組織で拒否しづらい状況に置かれ「1個のノーが言えなくなってエスカレートしたことで自分を責めるという人は多い」とし、「許せてはないんだけど、言いにくい世の中だったのが言いやすく今なったんです。女性が声を上げやすくなってる」と見解を示した。

 続けて「そこを理解して、社会とか家族でこの問題を話し合うっていうのが今は大事なんちゃうかなと。それは自分たちも知らず知らず加害者だったり被害者になってる可能性があるので、今松本さんに指してる指を自分たちに向けて、みんなで話し合う時期だなと思ってます」と呼びかけた。