元アウトローの瓜田純士が6日までにX(旧ツイッター)を更新し、ダウンタウン松本人志の女性問題に持論を展開した。

 瓜田は芸能界やスポーツ界で性加害報道が相次ぎ、メディアの在り方や〝書き得〟が指摘されていることに「掲載される奴等はいつも限りなく黒に近いグレーなんだよ」とバッサリ。「真っ白な人間が捏造記事で悪者にされたり社会から抹殺されたらそりゃ週刊誌をとことん追い込んで潰せばいいよ」とつづった。

 松本の一連の報道についても「女房子供がいる幸せな家庭の大黒柱で、業界でも一時代を築き上げた地位があるのに ホテルのスイートで若い姉ちゃんと上半身裸で乱痴気騒ぎの飲み会なんかしてるからこんなことになるんだよ 性行為をしたかしてないか?じゃないんだよ この飲み会がそもそも常識から逸脱してるんだよ。それは真っ白とは言わないんだよ 俺だけか?そう思うのは」と問題提起。

 続けて「こんなことを言えば今度は芸人なんだからホテルで若い女と乱痴気飲み会の何が悪いんだとか言ってくるんだろうが、それを生理的に良しとできるかできないかの判断は個人の倫理観やモラルの話だから勝手にしてくれ ただ俺はそう言う遊びに抵抗感が強く自分なら絶対にしないと言う思考だからこの考えに至ったんだ」と説明している。