お笑いコンビ「クロスバー直撃」の渡邊センスが5日、自身のユーチューブチャンネルで写真誌「フライデー」で報じられた松本人志の記事について独自調査内容を報告した。

 当該記事とは、今月1日発売の同誌「破廉恥すぎる『馬乗り写真』現場で起きたこと全深層」だ。
 
 ここには、同誌に証言した女性A子が渡邊に誘われ、2018年10月中旬に高級ホテル「ザ・リッツ・カールトン大阪」のスイートルームで松本、たむらけんじ、渡邊、放送作家、A子とその友人B子の計6人で飲み会が開かれた様子が報じられている。

 松本はB子を気に入り、寝室へ。そのためA子さんはいったん帰宅したが、松本から「友達が酔っぱらって帰られへんから、迎えに来てくれへん?」と頼まれて、再び合流。同誌にはB子を自分の腹の上に馬乗りさせている松本の衝撃写真が掲載されているが、これは再合流した時にA子が撮ったものだという。

 渡邊は「『こんなはずはない』とラインを見返しました。正直覚えてなくてさかのぼってA子さんにたどりつきました」として、2018年10月13日の飲み会を開く前の、A子さんとのLINEのやりとりを公開。

 そして一つひとつ記事内容と照らし合わせ、複数の矛盾点を指摘してみせたが、中でも首をかしげたのは馬乗り写真だ。

「A子は帰宅したとされてますが、帰宅できないんです。なぜなら新幹線に行くような他府県に住んでるから。12時も越えているし。終わった後(渡邊がA子さんに)電話して合流し、A子は僕ん家に泊まったんです。ということは(松本からの)『3人で飲み直そう』というのがおかしい。僕と一緒にいるはずなんです。僕はどうしているんですか。A子さんといるんじゃないですか」

 仮に松本と再合流して渡邊の自宅に戻るにしても、渡邊の自宅住所を知らないA子さんが戻れるはずがないと主張する。

 そして渡邊が不気味がるのは、もしA子さんが再合流していないとなると、馬乗り写真はどうなるのかということだ。

「怖いのはこの写真は誰が撮ったの? どうやって撮った? 怖いんです…。どういうことなんでしょうか。この写真の意味だけはわからない。ほかは違うこと書かれているなとわかったんですが、写真だけはわからない」と訴えた。

 最後に、今回の報道で「読んでしまった人は僕らの印象はそりゃ悪いですよ。そういう仕事だからなのかもしれませんが、ちょっと飲みこめないです。あんまり、こういうのは好きじゃないですが、今回だけは言わせてもらいました。これで終わりにしたい」とした。