元お笑いコンビ「オセロ」の中島知子が10日、都内の池袋シネマ・ロサで行われた映画「18歳のおとなたち」(来年3月公開)の先行上映舞台あいさつに登壇した。三原羽衣、黒田昊夢、久田莉子、金子みひろ、黒田アーサー、佐藤周監督、木谷真規プロデューサーが同席。

 2018年に大分に移住し九州を拠点に活動する中島の映画出演は、16年公開の映画「新宿ミッドナイトベイビー」以来となる。中島は「大分に移住して5年になりますけど、よく浪速の後藤久美子と言われておりました」とあいさつし、会場の笑いを誘った。クリスマスの予定を問われると「私は仕事ですね。しょうもない自慢なんですけど、大分で7本レギュラーやってますんで」とドヤ顔。

黒田アーサー(左)に褒められ、ドヤ顔の中島
黒田アーサー(左)に褒められ、ドヤ顔の中島

 映画で中島は、兵頭功海演じる主人公の母親役を演じた。久々の演技だったが共演の黒田アーサーは「中島さんのお芝居が本当にリアル。くたびれた感がめちゃくちゃ出てた。すごく女優・中島知子を見ました。今後、注目したいと思いました」と絶賛。中島は「うれしいです。ありがとうございます」と恐縮し切りだった。