お笑いタレントの有吉弘行(49)が10日、自身の「X」(旧ツイッター)を更新。大谷翔平の米大リーグ・ドジャースへの移籍をうけてコメントした。

 エンゼルスからFAとなっていた大谷翔平は9日(日本時間10日)、ドジャースと合意したと自身のインスタグラムで発表した。10年総額7億ドル(約1014億円)の超大型契約で、メジャー史上最高額で北米プロスポーツ最高額となる。自身のインスタグラムでの投稿とともに、代理人のネズ・バレロ氏も発表した。

 ドジャースは、2013年から11年連続でポストシーズンに進出している強豪チームだ。エンゼルスと同じロサンゼルスを本拠地としており、これまで日本選手は野茂英雄をはじめ、2021年の筒香嘉智まで9人が所属。大谷は10人目となる。

 有吉は、一連の報道をうけ、「X」にお笑いコンビ「アンガールズ」の田中卓志(47)がドジャースタジアムで投球のポーズをとっている写真を投稿。「ショーヘイとタナカの投手リレーが楽しみだ! ショーヘイようこそドジャースへ!」とユーモアたっぷりにコメントしていた。

 有吉の「X」には度々田中のソロ写真が投稿されている。