お笑いコンビ「千原兄弟」の千原せいじが6日に自身のユーチューブチャンネルを更新。「【頂き女子】りりちゃんの苦悩と闇~逮捕直前の素顔を撮影した写真家に聞く~」と題して、頂き女子りりちゃんこと渡邊真衣被告の素顔に迫った。

 今回は逮捕直前まで渡邊被告と交流があったフォトグラファーの立花奈央子氏がゲストとして出演。立花氏は、渡邊被告が「ホスト通いを辞めるために、ホスト以外の人間関係を構築した方がいい」という知人の紹介で交流するようになったという。実際に渡邊被告はホスト通いを辞め、真面目に生活しようとしていたタイミングで逮捕された。

「頂き女子りりちゃん」こと渡邊真衣被告(TikTokから)
「頂き女子りりちゃん」こと渡邊真衣被告(TikTokから)

 立花氏によると「彼女は自分がやった事がどのくらい法に触れる事なのか、社会にインパクトを与えることなのか…先々自分の人生の未来にどのくらい影を落とすことなのかという事については、全く考えてなかった」と断言。

「ネット上でワーっとしゃべったのはサービス精神。頂き女子として相手が聞きたい話、私にしてほしい振る舞いってこういう感じというのを演じて出していた。パキってない時の彼女は、ものすごく落ち着いた理知的な少女って感じでした」と素顔を明かした。

 また「彼女が自分のやったことに対して罪の意識が薄かった理由として、振り込みをさせていたんですよ。振り込みさせたら証拠が残るから。頂きはキャッシュでもらうのが常識なんですよ」と指摘すると、せいじも「それぐらい無知」と驚いていた。

 立花氏は渡邊被告について「本当に地頭が良いのと無垢。ものを知らない」と話した。また、ホストにお金を渡した理由について「人間性にほれ込んで恋愛とかではなくて、この人がホスト業界を変えてくれると信じてる。だからこの人を応援したいということで引っ張れるだけのお金を引っ張ってきて、どんどん横流ししていた」と証言した。

 立花氏は「自分の存在証明。自分は役に立たなきゃいけない。この人のために自分は何かを差し出さなきゃいけない」という心理が働いたと推察。せいじは「自分を求めてるのがホストと思ったから。もっと違う所で求められてると思えば…。身近なもので片付けようとした。犯罪者に多いパターンですよね、情報が少ないという」と感想を語った。