女優の上野樹里(37)が29日、テレビ朝日系「徹子の部屋」に出演し、夫でバンド「TRICERATOPS」の和田唱や姑・平野レミについて語った。

 結婚7年目となる和田との出会いのきっかけは、2014年3月に終了した「笑っていいとも!」(フジテレビ系)だったという。番組内で初めて買ったCDを聞かれ、TRICERATOPSの「if」と答えたところ、テレビを見ていたファンが和田に伝えたという。それからライブに招待されるようになるも「6年間くらいは放置というか、全然行く時間とかも無かった」と説明した。

 ある時、ドラマの撮影の合間にスケジュールが空いたため、リハーサルに足を運んでようやく出会ったという。和田の第一印象について「すごいなという感じじゃなくて。大丈夫なのかな理解者いるのかなみたいな、すごく光るものを持っているのに、それをうまく発揮できているのかなという、心に引っかかる感じがあって」。そのうえで「もしかしたら早い段階で、この人が結婚する人だと思っていたかもしれないですね」と振り返った。

 結婚したことで、平野が姑となった。「元気で明るくて面白い話を聞かせてくれたりします」と人となりを明かした。ただ電話が掛かってきた時は、「もしもし」などのあいさつもなく、いきなり「あのさ~」から始まるという。そのため上野も単刀直入に要点だけを伝えようと心掛けているが、結局はいつも長電話になってしまうと明かした。