女優の上野樹里(37)がうどんチェーン「丸亀製麺」の商品にカエルが混入していた騒動についてツイッターで言及した。

 同社を巡ってはカエルが混入した商品を買った人が写真と動画付きでツイッターでつぶやいていた。同社はテイクアウト用のピリ辛担々サラダうどんにカエルが混入する事案が21日にあったと説明し、謝罪。25日には生野菜(サラダミックス)を使用する一部商品について販売を当面中止にすると発表していた。

 上野は24日、丸亀製麺の公式ツイッターが23日につぶやいた【キャンペーン中止のお知らせ】のツイートに対してリプを送っていた。「丸亀製麺さん、社会貢献されていて素晴らしい企業だと思います。今まで小さな虫もないのに、急に大きなカエルか」と同情していた。

 さらに、ほかのユーザーにリプをする形で「カエルが入った写真を撮ったのは『事実』だけど、入ってたという『真実』は誰にもわからないです カエルさんは全てを知っているでしょうね」と指摘していた。

 ちなみに、カエルが混入していたとツイートしたアカウントは疑問を呈する人たちには、「事実なので大丈夫です」とリプしている。

 上野のツイートに対しては「丸亀製麺1号店は加古川ですから」「加古川の星、丸亀製麺を守るために明日うどん食べてきます」と上野の出身地である加古川に言及するリプもあった。