女優の南野陽子(56)の夫で、団体職員の金田充史容疑者(52)が21日、業務上横領容疑で静岡県警に逮捕された。

 一緒に御用となったのは、特別養護老人ホームなどを運営する静岡市の社会福祉法人前理事長の迫丸卓哉容疑者(43)。捜査関係者によると、2人は共謀して昨年10月、迫丸容疑者が当時理事長だった同法人の口座から1500万円を金田容疑者が関係する別の会社の口座に移したなどとして、業務上横領の疑いが持たれている。この日の朝、警察は金田容疑者と南野が住む都内のマンションを家宅捜索した。

 今年に入って記者はトラブルメーカーだった金田容疑者の〝横柄〟な態度を目の当たりにしていた。

 南野は昨年末、大手芸能事務所を退所し、個人事務所「サザンフィールド」で活動を開始したことが1月19日、報じられた。同日には都内で、音楽評論家で作詞家の湯川れい子氏のコンサートが開催され、南野は金田容疑者と一緒に観客として会場を訪れていた。

 報道が出た当日でもあったためか、南野は大きなマスクで顔を覆っていた。プログラムが終了し、観客が退場した後、2人は記者らが乗ったエレベーターに乗り込んできた。エレベーター内は狭く、南野は一旦待って次のエレベーターに乗ろうとしたようだが、金田容疑者はドカドカと〝侵入〟。南野を乗せるスペースを確保したかったのか、記者の肩にぶつかってきた。

 エレベーターが目的の階に着いてドアが開くと、南野はペコリと一礼。金田容疑者は横柄な様子は変わらず、そのまま出ていった。

 現場にいた芸能プロ関係者は「会場ではいろんな人にあいさつしたり話しかけたりするものですが、南野さんはなるべく目立たないように静かにしていて、身バレを避けていた印象。旦那さんはマスクをしていなかったと記憶しています」と話している。

 南野は、現在放送中のテレビ朝日系「仮面ライダー」シリーズの新作「仮面ライダーガッチャード」で、主人公のライダーの母親として出演。海外を渡り歩く夫を信じる役どころだ。

 映画「仮面ライダー THE WINTER MOVIE ガッチャード&ギーツ」(12月22日公開)も控える。映画版は「親子愛がテーマ」(映画関係者)で、南野は同作への出演も発表されている。

 テレビ局関係者は「ライダーの母親を演じる女優の夫が横領とは、シャレにならない。金田容疑者は、南野が独立した直後にも公の場で目撃され、妻を支えていくとも言われましたが、結局足を引っ張っています」と話している。