全勝の大関に〝ダメ出し〟だ。大相撲九州場所5日目(16日、福岡国際センター)、大関豊昇龍(24=立浪)が幕内豪ノ山(25=武隈)を下して初日から5連勝。優勝争いの先頭を走る一方で、取組後に審判部から注意を受ける事態となった。

 大関に〝物言い〟がついた。豪ノ山が先に手をついているにもかかわらず、豊昇龍はジッとしたまま手をつく気配すら見せない。豪ノ山がしびれを切らして待ったをかける。2度目も豊昇龍は合わせようせず、館内は騒然とした空気に包まれた。大関はようやく3度目で立つと、豪ノ山を押し出して勝負を決めたが、取組後にまわし姿のまま審判部へ出向き、審判長の粂川親方(元小結琴稲妻)から注意を受けた。

 豊昇龍は報道陣に「相手が何を考えているのか、よく分からない。自分のことに集中した」と釈明。一方の粂川親方は「ひどすぎる。じらしすぎ。相手は手をついて待っているのだから、合わせないとダメ。横綱大関は力士の手本にならなきゃいけない」と苦言を呈していた。