故ジャニー喜多川氏の性加害問題を受けて「嵐」の二宮和也が24日、ファンクラブ向けのサイトで所属事務所「SMILE―UP.」(スマイルアップ、旧ジャニーズ事務所)から同日をもって独立したことを発表した。嵐としてのグループ活動については活動を続ける。

 二宮は「個人で活動していく決断をさせていただきました」と報告。グループは活動休止中だが「嵐が再開、活動をするときはメンバーとして活動を一緒にやっていく」とした。

 二宮は性加害問題について事務所が1回目の会見を行って以降、自身の芸能活動に影響があったことに不安を覚えたという。

 事務所は2回目の会見で新体制を発表。二宮も新会社でエージェント契約を結ぶかどうかの説明を受けた。

 その上で「自分の将来については自分自身で決めていかなきゃいけない」と独立を決意したようだ。

 ジャニーズ事務所(当時)が性加害問題を事実認定して以降、退所を発表したタレントは岡田准一に続いて2人目となる。