元サッカー日本女子代表でタレントの丸山桂里奈が20日までに自身の「X」(旧ツイッター)を更新。批判的なポスト(ツイート)への対応策を明かした。

 丸山は現在、夫で元サッカー日本代表の本並健治と第一子女児の育児に取り組む様子などをSNSに投稿し、その様子を赤裸々につづった内容が共感を集めている。

 しかし、これまでに心無いコメントも数多く届けられてきたようで「私はSNSに自分の気持ちを包み隠さず書いてきました。昔も今も」と切り出すと「正直どんなコメントが来ても向き合えるな人間だからと思ってましたが、批判的なコメントや攻撃的なコメントにはもう向き合わないし、ポジティブに前向きな輪を大切にしていきたいのでなのでブロックします」と説明。今後はアンチコメントには一切対応しないことを明かした。

 この投稿にファンやXユーザーから賛同の声が多く届けられ「みんなのあたたかいコメントで、おでんの具材特に白滝になった気分」と〝丸山節〟で表現だ。

「最初は味染み込まないけど時間かかるけど最後はどっぷり染み込むあたりがやっぱり、白滝でお願いしたいなと。みんなに支えられて私はがんばれます、いつもありがとう。感謝感謝です!」とつづった。