お笑いタレント・東野幸治が28日深夜放送のABCラジオ「東野幸治のホンモノラジオ」に出演。俳優・東出昌大が過去にバラエティーで起こした〝事件〟を暴露した。

 リスナーからのメールで〝山小屋生活〟を送っているという東出と、狩猟に興味があると公言している東野で対談をしてほしいと話題を振られたときのこと。

 東野は「ぜひぜひ」と乗り気だったが、すぐに「鬼越トマホークのケンカ芸あるじゃないですか。それでふと思い出したけど…」と、フットボールアワー・後藤輝基に聞いたという逸話を語り始めた。

 それによると、東出が日テレ系「ウチのガヤがすみません!」にゲスト出演した際、ひな壇の上の方に座っていた鬼越が、「爪痕を残さねば」と東出に〝ケンカ芸〟を仕掛けたという。

 どうやらそれは「お前が思うほど上手くねぇからな。ヘタだからな」といった演技力をイジる内容だったそうだが、これに東出の表情が一変。

 東野は「鬼越トマホークを『殺すんちゃうか?』って顔で、2歩3歩進んで行ってんって(笑い)」と証言し「考えたらめちゃめちゃ怖いよね。タッパあるし。そんなんあったなら、鬼越抱きしめてやったらよかった。『お前らにも問題あんねんぞ』って。『お前らが100%悪いわけじゃないけど、東出さんも悪いわけじゃない』と。怖かったやろうなあ…」とニヤニヤしつつも後輩を思いやった。

 続けて〝ケンカ芸〟について「それ以降、多分後藤がスタッフと話し合って、落としどころ、向こうの事務所のOKみたいな、〝際(キワ)〟って難しいじゃないですか。それを探るようになった。今の鬼越があるのは東出さんのおかげですよ」と明かし「また絡んでほしいよね、東出さんと鬼越。山小屋行ってほしいよ」と勝手な要望を出していた。