とうとうキムタクが主演連ドラで、本人史上初となる視聴率ひとケタ台を記録した。

 俳優・木村拓哉(49)が主演を務めるテレビ朝日系連続ドラマ「未来への10カウント」(木曜午後9時~)の第3話が、4月28日に放送。平均世帯視聴率は9・9%だった。

 同ドラマでは、生きる希望を失った主人公・桐沢祥吾(木村)が、母校のボクシング部のコーチに就任。生きる希望や、熱い気持ちを取り戻していく姿を描く。

 初回は11・8%で好スタートを切ったが、第2話は10・5%と落ち込んでいた。第3話で0・6ポイントダウンし、ひとケタ台に陥落した。(個人視聴率は、5・5%)。

 同局の同枠で主演を務めるのは、2020年に放送された「BG~身辺警護人~」の第2章(全話平均視聴率=15・6%)以来、約2年ぶり。〝数字の取れる俳優〟として2ケタ台をキープしてきたが、今回は屈辱的な数字をマークしたことになる。

 ドラマ内で木村が就任したボクシング部の部長役は、King&Princeの高橋海人が務めている。

 芸能プロ関係者は「ジャニーズ事務所は、テレビ局側に対して、後輩タレントを抱き合わせで番組に出演させるのが得意。でもキムタクでも視聴率ひとケタ台となれば、バーター出演は今後難しくなってくるかもしれない」と話している。

 平成のドラマで、高視聴率を次々と記録したキムタクの伝説が、いま崩れつつある。

(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)