作家の平野啓一郎氏(46)が17日、ツイッターを更新。人気ドラマ「イカゲーム」を観たことを明かし、率直な感想をつづった。

「イカゲーム」はNetflixで配信され、世界的な人気を得ているサバイバルドラマのシリーズ。大金を賭けたゲームのてん末を描き、殺害など暴力的なシーンも多い。

 このドラマを観た平野氏は「ジムでランニング・マシーンで走ってる時限定で見てた『イカゲーム』(1・5倍速)、最後まで見たけど、あんなに残酷シーンてんこ盛りのドラマが世界的に大ヒットというのも、なんというか、病んでますな」と嘆いた。

 さらに「映像はポップできれいなんだけど、僕はまったくダメでした」と自身の感想を率直につづった。