【平和島ボート・SGグランプリ】西山貴浩〝らしい〟3着発進!「いい子分2匹」と整備も順調

2020年12月15日 20時09分

楽しそうな西山貴浩
楽しそうな西山貴浩

 ボートレース平和島のSG「第35回グランプリ」は15日、初日を終了した。

 トライアル1st・11Rでは白井英治(山口=44)が力強い差しで勝利したが、福岡勢による大接戦を制して、3着に粘り込んだボート界のエンターテイナー西山貴浩(福岡=33)も侮れない存在となってきた。

 初戦は〝差し山〟の異名を持つ西山らしいレースで3着奪取。1周1Mの最内差しから、道中では同じ福岡支部の先輩・瓜生正義(福岡=44)との3着争いとなったが、3周2Mを絶妙なターンでクルッと回って最後の最後に3着を奪い取った。

「1周2Mで欲をかいて2着を狙ったら、ここはグランプリだということを思い出した(笑い)。それでもボクの生きる道は道中(の競り合い)しかない。うまいことしのげて、最後は気持ち良かった~!」と、してやったりの逆転劇に〝西山節〟も冴え渡った

 もちろん舟足もまずまずだ。「直線は弱いけど、出足は悪くない。伸びでやられるのは〝慣れっこ〟ですよ」と、満足ではないとしても、持ち味を生かせる仕上がりにはなっている。もちろん「落ち目のエンジンらしいので、整備は考えたい。今節は塩田(北斗、福岡=32)、仲谷(颯仁、福岡=26)と、〝いい子分〟を2匹引き連れている」と、良き後輩たちの〝情報提供〟を生かしての上積みも視野に入れている。

 16日のトライアル1st2日目11Rは3号艇の好枠番。念願の初出場を果たしたグランプリの大舞台で一気に「2ndステージ」へ勝ち上がるつもりだ!

 

ピックアップ